山野草みて歩き

sannyasou.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 10日

イワショウブ

 以前から気になっていた画像のイワショウブ(岩菖蒲)。今回の大猫山行きで、約2時間の急登に続いて現れる大猫平、起伏が有る池を配した草原である。もう少し時期が早いと色々な花に出会えるのであるが今回は白くたなびく岩菖蒲だけが風になびいていた。長い茎を触ると細かいとげの様な感触がある。花の時期と秋の紅葉の頃にも登りたい山である。3~4日間の太ももの筋肉痛を覚悟で。 
 2006.9.5 上市町 大猫山c0056073_7322972.jpg
[PR]

by ariminesukito | 2006-09-10 07:32 | 山野草 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://sannyasou.exblog.jp/tb/4526301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from GOCCIの男を磨く旅(笑) at 2008-10-31 08:05
タイトル : 「北アルプス・栂池自然園」で「高原の花」を撮って見ました。1
「北アルプス・栂池自然園」で「高原の花」を撮って見ました。1「イワショウブ(岩菖蒲)」はユリ科チシマゼキショウ属の本州の低山〜高山帯に分布する多年草。茎の分泌液が粘り虫が着くため「ムシトリセキショウ」という別名がある様です。花が終わったあと「実」が「ピンクや紫」に美しく色付き2度楽しめます。氷河時代からの生き残り植物だそうです。「イワショウブ(岩菖蒲)」2。「イワショウブ(岩菖蒲)」3。「イワショウブ(岩菖蒲)」4。... more


<< チングルマ(花後)      ゴゼンタチバナ(実) >>