山野草みて歩き

sannyasou.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 15日

ノウゴウイチゴ

 能郷苺、発見地の岐阜県能郷町にちなむらしい、イチゴと言うだけあって実はイチゴのようになるのであろうか、これも楽しみである。
花びらが7枚が特徴のようであるが、例外もあるとのこと。
 2003.6.3 富山県利賀村 金剛堂山
c0056073_1154085.jpg
[PR]

# by ariminesukito | 2005-03-15 11:07 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
2005年 03月 14日

ニガナ

 黄色の花を咲かせるものによく似たものが多いのですが、このニガナは5枚の花びらが特徴で、茎や葉を切ると苦味のある汁を出すことからの苦菜のようです。花びらの数が多くなると、ハナニガナや、白い花のシロバナニガナと言うのもある。
 2004.5.11 富山県八尾町 夫婦山c0056073_1450078.jpg
[PR]

# by ariminesukito | 2005-03-14 14:50 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
2005年 03月 13日

ムラサキケマン

 紫華鬘、華鬘は仏殿の欄間などを飾る仏具と言うことであるが、どんなものか検討がつかない。黄色いキケマンの単なる色変わりなのかは調べてみないと分からない。
 2004.5.11 富山県八尾町 東松瀬c0056073_13174695.jpg
[PR]

# by ariminesukito | 2005-03-13 13:12 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
2005年 03月 12日

ウツボグサ

 靭草、ウツボグサの名前の由来は、花穂(かすい)の形が「うつぼ」という矢を背負って入れる靱(うつぼ)という道具に似ていることかつけられたとか。また、夏枯草(カゴソウ)は8月ころの真夏に花穂(かすい)だけが急に変色して褐色になり、まさに枯れたようになるために夏枯草(かごそう)の名前があります。 夏以降に納得という姿を見ることができます。
 2004.6.15 富山県砺波市 頼成の森
c0056073_13311859.jpg
[PR]

# by ariminesukito | 2005-03-12 13:31 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
2005年 03月 11日

ヒメシャガ

 姫射干(ヒメシャガ)小さなアヤメのようです。シャガから比べれば、姫と付くだけあって、愛らしい。
 2005 富山県(絶滅危惧種のようです)c0056073_12441066.jpg
[PR]

# by ariminesukito | 2005-03-11 12:39 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
2005年 03月 10日

シャガ

 登山道の脇に群がって咲いている姿を見ることが出来る。和名を射干と書くそうですが結び付かないなあ〜。
 2002.5.21 富山県庄川町 牛岳c0056073_2182121.jpg
[PR]

# by ariminesukito | 2005-03-10 21:04 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
2005年 03月 09日

コミヤマカタバミ

 時間によって、葉が折りたたみ傘をたたんだように閉じる。小深山酢漿草。
 2003.6.3 富山県利賀村 金剛堂山c0056073_137017.jpg
[PR]

# by ariminesukito | 2005-03-09 13:07 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
2005年 03月 08日

タニウツギ

 雪解けを待って、山歩きのために谷を縫う林道にはいると、林道脇をピンクの花が歓迎するかのように咲いている。谷空木タニウツギ、空木、幹の中が空洞に成っているとか、何時か確認してみよう。
 2002.5.7 富山県城端町 縄が池林道c0056073_11274837.jpg
[PR]

# by ariminesukito | 2005-03-08 11:28 | 樹木 | Trackback | Comments(0)
2005年 03月 07日

ミツバオウレン

 雪が溶けようやく開通する林道を使って、高山植物を求めて山へ入ると小さな花を見せてくれる、三葉黄蓮(ミツバオウレン)。
 2002.5.23 c0056073_21125869.jpg
[PR]

# by ariminesukito | 2005-03-07 12:59 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
2005年 03月 06日

タムシバ

 5〜6月に登山道から、ティッシュペーパーか何かが木に引っかかているようなひときわ白いものが目に入ります。北陸では桜の時期に咲くコブシの花によく似ていて、匂辛夷(ニオイコブシ)と書くのですが、どんな臭いだったろうか今度試してみよう。
 2003.6.3 富山県利賀村 金剛堂山c0056073_12343398.jpg
[PR]

# by ariminesukito | 2005-03-06 12:34 | 樹木 | Trackback | Comments(0)