山野草みて歩き

sannyasou.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 22日

槍穂登って来たぞ 2日目 8/22 その2 キレット通過

大喰岳で槍が岳を振り返る。
c0056073_15081988.jpg
c0056073_13263470.jpg
ブロッケン現象です。自分の影が映っています。
c0056073_15083640.jpg
もう一つ現れたのが、ジョンという米国の青年「南岳」と聞いてきたのでしばらく同行することにする。
8:35 南岳小屋に着いた。
休憩しながらジョンの話を聞いた。もちろん英語である。ところどころしか理解できないが地図を見ながら
前日、8/18に入国して、ここへ来る前に富士山に登りこの後白馬へ行くという。滞在日程は10日間とのこと、ハード。
それから、昨日上高地から入って一緒に槍が岳山荘に泊まっていた、外国人3人でいたのでグループと思っていたのだが単独だった。コースであるが、簡単な英文のルート図を持っていて、この後北穂高岳を経由して穂高岳山荘まで行き、明日穂高岳、前穂高岳を登り重太郎新道を降りて上高地へ出るという。またまたハード。自分は北穂高岳より涸沢ヒュッテに一泊して早々に上高地へ降りる予定であったが、ジョンの話に絆されて共に行くことにする。
9:00に南岳小屋前を出発
順調にキレットに入って行く(這っていく)
c0056073_15405008.jpg
愉快なジョンに助けられ、どこが有名な飛騨泣きとか長谷川ピークか分からなかった。
c0056073_15403363.jpg
c0056073_15402557.jpg
北穂高小屋でラストオーダーのラーメンを食べて、穂高岳山荘へ向かったのであるが、それからが大変であった。
コース地図によると2時間ぐらいのところを4時間もかかってしまった。
ようやく見えた穂高岳山荘の姿。
c0056073_14463961.jpg
何と山荘に着いたのが17:10 
夕食をいただいた時偶然にオーストラリア人と同席になった。そこでジョンの名前がジョナサンだと分かった。さらに偶然にそのオーストラリア人の名前もジョナサンとの事。その後、少しアルコールを飲みながらジョンの事を色々と聞いた。
年齢は40歳アメリカのフィラデルフィア生まれ。奥さんは8歳年上の韓国釜山生まれ。子供はいない。色々と話してくれたが自分に
はこの程度しか理解できなかった。
この日も、ゆっくりと布団で寝る事ができました。

[PR]

by ariminesukito | 2018-08-22 21:59 | 山登り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sannyasou.exblog.jp/tb/29704776
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 槍穂登って来たぞ 3日目 8/...      槍穂登って来たぞ 2日目 8/... >>