山野草みて歩き

sannyasou.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 08日

エドヒガンザクラ 江戸彼岸桜

 福寿草の花見のついでに、城端向野の江戸彼岸桜と、別院のしだれ桜を見てきました。向野の桜は、川縁にしがみつくようにして、枝を伸ばしている姿はなかなかのもので、ニュースになる要素は十分である。ただ、田んぼの狭いあぜ道を少し歩くのであるが、我が物顔にカメラの三脚を広げる輩にはうんざりである。別院のしだれ桜もニュースになるのであるが、なかなか満開のチャンスに恵まれない。それから時節柄であろうが、山門横の桜の大木の下に、県議会議委員選挙のポスター掲示板、町をあげての「さくらまつり」であるが、ちょっと興ざめである。でも日本全国桜の時期は人がさまようようである。
  2007.4.8 南砺市城端c0056073_14532079.jpg
[PR]

by ariminesukito | 2007-04-08 18:42 | 樹木 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://sannyasou.exblog.jp/tb/5863871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yamanteg at 2007-04-11 16:20
かっこいい桜の木ですねえ。
カメラの三脚は禁止の所もあります。
場所をわきまえるべきでしょうね。


<< カキドオシ(垣通し)      フクジュソウ >>