山野草みて歩き

sannyasou.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 01日

ショウジョウバカマ

 スプリング・エフェメラル(春のはかない命)春に花を咲かせて消えてしまう。と言う意味ですが、ショウジョウバカマもこれに加わるようですが、ロゼット状の葉は常緑で残っている。名は花を顔の赤い猩々(中国の伝説上の動物や能等での大酒飲みや赤い色を指す)にたとえ、葉を袴の重なり具合に見立てたものです。雑木林などで春一番の大型の花と言える。
 猩々の余談であるが、ゴリラを和名で大猩々、チンパンジーを黒猩々と書くらしい。
 2008.4.1 高岡市山川
c0056073_031916.jpg
[PR]

by ariminesukito | 2008-04-01 22:04 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sannyasou.exblog.jp/tb/8572671
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< サンシュウ      オウレン >>