人気ブログランキング |

山野草みて歩き

sannyasou.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2006年 04月 22日

カタクリ

 堅香子(カタカゴ)と呼んで私が住む市の象徴となっているカタクリですが、気になることが一点、葉が緑一色ではなく、汚れたような部分が必ずついているのです。本来このようなものなのかもしれませんが、綺麗な花なのにどうして葉っぱにシミが?
 2006.4.18 南砺市赤祖父山c0056073_1826567.jpg

by ariminesukito | 2006-04-22 18:27 | 山野草 | Trackback(1) | Comments(2)
2006年 04月 20日

オウレン

 ちょっと見ると花びらが落ちてしまったかのように見える、登山道に小さく白い花。これがオウレン(黄連)らしい。葉が菊の葉に似ているので、菊葉黄連とも呼ばれるようである。
 2006.4.18 南砺市赤祖父山c0056073_1104123.jpg

by ariminesukito | 2006-04-20 01:11 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
2006年 04月 19日

ミスミソウ

 福寿草を目当てに入った急斜面にけなげに咲いていました。群生とまでは言わないが、茶褐色の山間肌にピンクの花が一際目立ちます。別名雪割草と言いますが、側には残雪があります。能登の猿山のにぎわいはないが、これが山野草の本当の姿でしょう。心ない人の盗掘にあわないことを望みたい。
 2006.4.18 富山県南砺市赤祖父山c0056073_1881951.jpg

by ariminesukito | 2006-04-19 17:41 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
2006年 04月 18日

フクジュソウ

 福寿草、時期的にも申し分ないと思い群生地が有ると聞いていた赤祖父山に出かける。しかし出発が午後になり赤祖父山はあきらめ、福寿草の群生地を探す。思っていた沢筋にはまだ雪がビッシリとあり、雪害であろう杉の倒木の数もすごい。取り付きが分からずとにかく斜面を登る。そこはミスミソウは咲いているのであるが、福寿草の姿は見えない。とにかく尾根へ出ると登山道が有るときいていたので急勾配をよじ登ると、赤祖父山より下山してきた登山者と出合う。あきらめ気味に何となく後をついて尾根道を下ると、あるではないか。思っていた以上の数である。満足満足。
2006.4.18 富山県南砺市井口c0056073_19113929.jpg
c0056073_1914111.jpg

by ariminesukito | 2006-04-18 19:25 | 山野草 | Trackback | Comments(0)